メグハウスからのお知らせ
News
  • TOP
  • 新着情報
  • 新築をご検討の方必見!高気密・高断熱の住宅で光熱費を削減しませんか?
2021/07/13

新築をご検討の方必見!高気密・高断熱の住宅で光熱費を削減しませんか?

新築購入をご検討中の方にぜひ知っていただきたいのが、高気密・高断熱の住宅についてです。
この住宅で暮らせば、さまざまなうれしい効果が期待できます。
そこで今回は高気密・高断熱住宅のメリットについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□高気密・高断熱とは?

光熱費を削減できる高気密・高断熱の住宅とは、どのような性質を持つ住宅を指すのでしょうか。
それぞれご説明します。

まず高気密住宅とは、隙間の少ない住宅のことです。
普通の住宅には、コンセントの周りや壁と床の間などに目視できない隙間があります。
そこから内気が漏れたり外気が入ってきたりするため、冷暖房の効率が悪くなってしまうのです。

一方で隙間の少ない住宅、いわゆる高気密住宅は内気の漏れや外気の流入が起こりにくい構造になっているので、室内を快適に保ちやすくなります。
住宅の気密性能を数値化したC値という指標があるため、住宅を選ぶ際は参考にしてみてください。

次に高断熱住宅とは、熱を伝えにくい構造をしている住宅のことを指します。
外気の温度の影響を受けやすい住宅であれば、その分冷暖房効率が悪くなってしまいます。

もし断熱性能の高い住宅であれば、内部の熱を外に逃がさず、外部の熱を遮断するので、室内の温度を調整しやすくなります。
住宅の断熱性能もUA値やQ値などのといった値で把握できるので、住宅を決める際は確認してみましょう。

 

□高気密・高断熱住宅のメリットとは

ここからは、高気密・高断熱住宅で暮らすメリットについてご紹介します。

1番のメリットは、1年を通して快適に過ごせる点です。
外気の影響を受けにくい構造をしているので、冷暖房の効率が良くなります。
冷房をかけているのに暑さが変わらない、といった事態を防げるのは大きいですよね。

また、ヒートショック現象が起こりにくくなるのも大きなメリットです。
ヒートショックは部屋間の温度差が原因で発生し、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性もあります。
高断熱・高気密の家では室内の温度が一定に保たれているため、部屋間の温度差が少なくなり、ヒートショックが起こりにくくなります。
心臓の弱いご高齢の方と一緒に暮らす家庭であれば、ぜひ高気密・高断熱住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、高気密・高断熱住宅について詳しく解説しました。
光熱費を減らしたい方や1年中快適に暮らしたい方には、この2つの性能の優れた住まいを選ぶことをおすすめします。
高気密・高断熱住宅について気になる点がございましたら、お気軽に当社へご相談ください。
 

一覧に戻る